日銀の黒田東彦総裁は4日、名古屋市など中部地方の企業経営者らとオンライン形式で懇談し、新型コロナウイルス感染症について「欧州や米国で感染が再拡大している点が気がかりだ」と述べ、世界経済が下振れするリスクに警戒感を示した。

 黒田氏は、感染症の状況や、国内外の経済情勢は不透明感が強いとの認識を示した上で「企業や家計の成長期待が低下し、支出スタンスが慎重化することはないかどうか注意を要する」と指摘した。経済環境が想定を超えて悪化した場合に、金融システムに与える影響にも留意する必要があると語った。