定食チェーンを展開する大戸屋ホールディングス(HD)は4日、東京都内で開いた臨時株主総会で、大株主の外食大手コロワイドが経営陣の刷新を求めた株主提案を可決した。大戸屋HDはコロワイド主導の新体制で業績回復を目指す。

 窪田健一社長ら取締役10人が解任され、新たな取締役として、コロワイドの蔵人賢樹専務や大戸屋HDの元常務で創業家の三森智仁氏ら7人が選任された。経営改善を円滑に進めるため、山本匡哉取締役は続投する。4日の取締役会で、蔵人氏が大戸屋HDの新社長に就任した。