【イスタンブール共同】トルコ、ギリシャ沖のエーゲ海で発生した地震で、トルコ当局は3日、国内の死者は111人となったと発表した。死者はギリシャ側と合わせて113人。エルドアン大統領は閣議後の演説で、被災地では6700人近くがテント生活を強いられていると指摘し、仮設住宅の建設を開始したと明らかにした。

 4日ぶりに救出された女児アイダ・ゲズギンちゃん(3)について、入院先の病院の医師は3日、体調は良好で内出血もなかったと述べた。地元メディアが伝えた。

 当局によると、最大被災地のイズミル県バイラクルでは、17カ所の全壊現場のうち、既に13カ所で捜索を完了した。