【サンパウロ共同】サッカーの世界的スター選手だった元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が3日、硬膜下血腫が見つかり手術を受けることになった。現地メディアが報じた。2日から首都ブエノスアイレス近郊ラプラタ市の病院に入院していた。

 3日に検査をしたところ左頭部に血腫が見つかった。主治医は2日、入院の理由を精神的な不調だと説明していた。貧血と脱水症状も見られたという。

 マラドーナ氏はサッカーのアルゼンチン1部リーグ、ヒムナシアの監督を務めている。過去にアルコール依存症の治療を受けていたこともある。