【香港共同】香港警察は3日、昨年の抗議活動を巡り警察を批判的に報じたドキュメンタリー番組を制作した公共放送RTHKの蔡玉玲プロデューサーを逮捕した。「道路交通条例」の違反容疑だとしている。香港メディアによると、蔡氏は同日中に起訴され、同日夜保釈された。民主派議員らから「報道の自由に対する攻撃ではないか」と批判が出ている。

 報道によると問題の番組は、昨年7月に新界地区元朗で起きたデモ参加者襲撃事件の真相を追う内容。襲撃した白シャツ集団が事前に集まった場所に、私服警官らしき人物がいたことを暴露した。