大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長は3日、同市のメインストリート御堂筋をイルミネーションで彩る「大阪・光の饗宴2020」の開始式典にそろって出席した。吉村氏はあいさつで大阪都構想の住民投票否決に触れ「大阪の未来を考え投票してくれたことに感謝したい」と集まった人らに語った。

 ほかの登壇者から「こんなことで落ち込んでたらあきまへんで」と励まされ、松井氏が思わず笑顔になる場面も。式典終了後、松井氏は記者団に「(住民投票では)悔いなく戦った。今は府市一体により、やれているイベントだ。これからも(このようなイベントを)進められる大阪にしたい」と述べた。