北海道と札幌、小樽、旭川の3市は3日、71人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したと発表した。道内の感染者は3349人、死者は112人になった。

 道などによると、死亡したのは80代女性と札幌市の70代男性。新規感染者の発表は、札幌市が49人、道が13人、旭川市が7人、小樽市が2人。札幌市は市内の接待を伴う飲食店でクラスター(感染者集団)が発生、3日までに従業員と利用者計7人が感染したと明らかにした。

 また、北海道新聞社は本社販売局の社員1人が感染したと明らかにした。販売所を担当する外勤の職員で、10月30日まで出勤した。