原子力規制委員会は3日、ホームページ(HP)が一時、閲覧不能になったと明らかにした。サーバーに不具合があったとみて、原因を調べている。

 規制委によると、3日午後3時ごろ、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から通報があり、約5時間半後の午後8時半ごろに復旧した。2日夕方にホームページを更新した時には異常はなかったという。

 規制委は先月27日、全職員が利用する内部の情報システムに外部から不正アクセスがあり、サイバー攻撃の可能性があると明らかにしており、外部とのメール送受信の停止は継続する。

 規制委は8月中旬、偽サイトを作成される被害に遭っている。