広島が土壇場で追い付いて引き分けた。0―2の九回2死から菊池涼の2ランで同点とした。巨人は四回に丸の適時二塁打で1点を先制するなど優位に試合を進めたが、戸郷がプロ初完封まであと1死としながら痛恨の一発を浴びた。