浜松市やスズキなどで構成する「浜松テレワークパーク実現委員会」は3日、車や駐車場を活用しテレワークをしてもらおうと改装した車を展示するイベントを同市で開いた。新型コロナウイルス感染防止のため出社せず働く人が増えていることに着目。車を使うことで、作業スペースを確保しながら景観や環境を自由に選ぶことができる。

 5日から実証実験を開始。実験の拠点は同市西区の公園駐車場など2カ所に限定し、電源やWi―Fiを整備する。委員会では来年4月以降の事業化を目指す。

 拠点となる公園駐車場に3日、後部座席を改装し、机や照明などを搭載した「オフィスカー」5台が展示された。