ゴジラやウルトラマンの生みの親で「特撮の神様」と呼ばれる故円谷英二監督(1901~70年)の故郷、福島県須賀川市に3日、特撮関係の資料を収集、保存するアーカイブセンターが開館した。ウルトラマンシリーズの撮影で使われた戦闘機や、東京タワーの模型などを見学できる。

 円谷氏が50年以上前に監督を務めた映画で使用された戦艦の模型など約千点の資料を収蔵。専属の学芸員を置き、資料の修復や研究も行う。収集には人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明監督らが設立した、NPO法人「アニメ特撮アーカイブ機構」(東京)が協力した。