3日午前11時35分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目のコンビニ付近の路上で「発砲音がした」と、通行人から110番があった。県警によると、特定抗争指定暴力団神戸山口組三代目古川組の親泊吉広幹部(61)ら2人が左手や脚を撃たれて重傷。命に別条はないという。捜査関係者によると、撃たれたもう一人も暴力団組員。

 県警によると、発砲したとみられる男2人はいずれも40代ぐらいで、現場から去り、車に乗って逃げた。使用した拳銃を所持しているとみられる。県警は捜査本部を設置し、暴力団の抗争とみて殺人未遂容疑で2人の行方を追っている。