文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿であり、彫刻の澄川喜一さん(89)、日本文学の久保田淳さん(87)、工芸(人形)の奥田小由女さん(83)の3人に、天皇陛下から勲章が手渡された。

 脚本の橋田寿賀子さん(95)と物性物理学の近藤淳さん(90)は欠席。

 式では陛下を含めて全員がマスクを着用。式の後に受章者を代表して澄川さんが「心から御礼申し上げます。大変名誉なことで、皆さん喜んでおられます」と述べた。陛下は「文化の向上に尽くされたことを、誠に喜ばしく思います」とねぎらった。

 3人は宮殿・東庭で記念撮影をし、宮内庁で記者会見した。