【ロサンゼルス共同】米大リーグ、マーリンズとマイナー契約を結んでいた加藤豪将内野手(26)がフリーエージェント(FA)となったことが2日、分かった。米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」(電子版)が同日付でマイナーのFA選手リストを掲載した。

 メジャーでの出場がない加藤は、今春の大リーグキャンプに招待選手で参加した。新型コロナウイルスの影響でマイナーリーグが中止となり、7月上旬に再開したキャンプでは60人枠から外れていた。