【ロンドン共同】男子テニスのツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは22日、ロンドンで決勝が行われ、シングルスで世界ランキング4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が同3位のドミニク・ティエム(オーストリア)に4―6、7―6、6―4で逆転勝ちして初優勝した。

 ダブルスはウェズリー・コールホフ(オランダ)ニコラ・メクティッチ(クロアチア)組がユルゲン・メルツァー(オーストリア)エドゥアル・ロジェルバセラン(フランス)組と対戦し、6―2、3―6からのタイブレークを10―5で制した。