【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、ポーランドのビスワで個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が無観客で行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)が126メートル、123メートルを飛んで合計244・0点で日本勢最高の7位に入った。

 小林潤志郎は15位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は17位。小林陵侑(土屋ホーム)は27位と振るわなかった。2回目に進めなかった伊東大貴(雪印メグミルク)は41位だった。マルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が137・5メートル、134メートルの合計267・6点で2季ぶりに優勝した。