新型コロナウイルスに感染して国内で死亡した人が22日、新たに7人確認され、累計で2千人を超え2001人となった。感染者は5日連続で2千人以上、確認された。死者は欧米に比べると1~2桁低く抑えられているが、感染が急拡大している「第3波」が続くと医療機関が患者に対応できなくなり、死者が大幅に増える恐れがある。

 国内では2月13日に初の死者が報告されて以降、500人増えるのに79日、79日、59日、66日経過した。今のところ死者が急増している兆候はないが、最近は1日当たり十数人と高めの水準で推移している。1日当たりの最多は5月2日の31人。