将棋日本シリーズ、第41回JTプロ公式戦の決勝が22日、東京都渋谷区で指され、先手の豊島将之二冠(30)が135手で永瀬拓矢王座(28)を破り、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

 豊島二冠は竜王、叡王のタイトルを持つ実力者で、居飛車の本格派として知られる。今回は藤井聡太二冠、渡辺明JT杯覇者を下し、決勝に進んだ。

 永瀬王座は、初出場初優勝はならなかった。