【ロンドン共同】男子テニスの年間成績上位8人による今季ツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは21日、ロンドンで準決勝が行われ、シングルスで世界ランキング3位のドミニク・ティエム(オーストリア)と同4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝った。ともに初優勝を懸けて22日の決勝に臨む。

 前回準優勝のティエムは、世界1位で6度目の優勝を狙ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)に7―5、6―7、7―6で競り勝った。メドベージェフは同2位のラファエル・ナダル(スペイン)に3―6、7―6、6―3で逆転勝ちした。