【北京共同】中国の習近平国家主席がTPPへの参加に意欲を示したことに関し、21日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、中国が他国との協調を重視している表れだとアピールする社説を掲載した。中国が国際秩序を破壊しているとの見方が米国などで出ているのは不当だと反論した。

 社説は、「地域的な包括的経済連携(RCEP)」の署名に続くTPP参加への中国の積極的な姿勢は「自国と他国の利益を融合させ、アジア太平洋の運命共同体を構築しようという方向性の証しだ」と強調した。

 「米国など西側の一部世論は中国がルールを破壊していると責めているが正反対だ」とも指摘した。