明治安田J1第28節第3日(21日・昭和電工ドーム大分ほか=6試合)勝ち点72で首位を独走する川崎は勝てば優勝が決まる大分戦に0―1で敗れ、リーグ制覇を持ち越した。22日にG大阪が浦和に引き分けるか負けると、2年ぶり3度目の優勝が決定する。

 川崎は前半に谷口が一発退場となる反則でPKを与え、1点を失った。後半は10人で押し込んだが、点を奪えなかった。

 名古屋は湘南を3―1で下して勝ち点55で暫定2位に。鹿島は仙台に3―1で快勝して同52の4位に浮上した。10月31日以来の試合となった柏は鳥栖に1―2で敗れた。広島はC大阪に競り勝ち、札幌は清水に大勝した。