【サンパウロ共同】ブラジル南部ポルトアレグレのスーパーで19日、黒人男性(40)が白人の警備員2人に暴行を受けて死亡する事件が起き、米国などで相次いだ白人による黒人暴行事件を引き合いに波紋を広げている。ブラジルメディアが報じた。

 男性はスーパーで従業員と口論。その後、店外で警備員2人から激しい暴行を加えられ死亡した。警備員が男性の頭を殴るなどする様子を撮影した動画がネット上で出回り反響を呼んだ。

 ブラジルでは20日が「黒人意識の日」となっており、各地で黒人差別撤廃を求めると同時に男性暴行死に抗議するデモが行われた。