【北京共同】卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル第2日は20日、中国の鄭州で行われ、東京五輪女子代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)が1回戦で同15位の杜凱琴(香港)に4―1で勝ち、準々決勝は同12位の王芸迪(中国)に4―3で競り勝って4強入りを決めた。21日の準決勝は同5位の王曼イク(中国)と対戦する。

 男子1回戦で、世界13位で東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソン)が同5位の林高遠(中国)に0―4でストレート負けした。