大相撲11月場所13日目の20日、大関貴景勝が12勝目を挙げて今年の50勝目とし、初の年間最多勝に単独で輝くことが正式に決まった。48勝で2位につけ、休場中の大関正代が14日目の取組に入らなかった。大関以上の年間最多勝は2018年の栃ノ心以来2年ぶり。

 今年は新型コロナウイルスの影響で5場所開催。貴景勝は11月場所前時点で38勝の3位だったが、正代や大関朝乃山の休場もあり首位に立った。