日本への留学を希望するベトナム人を狙い、架空の日本語学校「杉並外国語学院」の入学金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は20日、詐欺などの疑いで、中国籍の会社役員趙清龍容疑者(36)=東京都豊島区=を再逮捕した。黙秘しているという。

 同課によると、2018年秋ごろから、同校関係者を名乗る複数の人物がベトナム・ハノイを訪れ留学生を募り、インターネット電話アプリによる面接も進めた。入学金振込先に指定された銀行口座には19年2月下旬~同3月中旬、ベトナム人の男女41人から計約4180万円の入金があったという。