日本フェンシング協会は20日、日本代表の選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。18日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を利用しており、日本スポーツ振興センター(JSC)はNTCイーストにあるフェンシング専用練習場と大浴場の利用を20日から中止した。

 日本協会によると、陽性となった選手は19日に発熱などの症状があったためNTCに行かず、PCR検査を受けていた。他の選手やコーチは「特に異常は認められない状況」という。当該選手と同じ種目の代表メンバーらは一定期間練習を取りやめ、自宅待機としている。