大ヒット中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のイラストが描かれた徳島市営のラッピングバスが、今月から市内を走っている。映画を手掛けた制作会社のスタジオが同市にあり、徳島県などが企画した。県内で開催中のアニメイベントに合わせ、12月6日まで毎日運行する。

 鬼滅の刃では、主人公の竈門炭治郎らが「全集中の呼吸」という呼吸法を使い鬼を退治する。車体には炭治郎らが鬼に立ち向かう姿が生き生きと描かれ、天井や座席もイラストであふれている。県の担当者は「『全集中』で楽しんでほしい」とPRする。

 ラッピングバスは1台でJR徳島駅や南海フェリー徳島港などを巡る。