【ハノイ共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)は20日、日米中韓なども交えオンラインで14日に開いた東アジアサミットの議長声明を発表した。中国の強引な進出が続く南シナ海情勢を巡り「深刻な懸念」との文言を盛り込んだ。昨年より踏み込んだ表現で、関係国の厳しい認識を反映したとみられる。

 南シナ海では中国が独自の境界線「九段線」に基づきほぼ全域での権益を主張し、ASEAN議長国ベトナムなどの沿岸国と対立。声明は中国の名指しは避けながら「地域の安定を損なう可能性がある活動や深刻な事案などに対し、一部の首脳から深刻な懸念が提起された」とした。