加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症の治療薬として、使用を推奨しないとした抗ウイルス薬レムデシビルについて、厚生労働省による特例承認は見直さないとの考えを示した。

 日本国内では5月に特例承認された。加藤氏は「現在、レムデシビルを使った治療もされている。特段、承認を見直す必要がないというのが現時点での認識だ」とした。