茂木敏充外相は20日の記者会見で、中国の王毅国務委員兼外相が24~25日の日程で来日すると発表した。24日に茂木氏と会談するほか、菅義偉首相とも会談する見通し。新型コロナウイルス対策での協力や、日中間の往来再開を巡って議論する。

 新型コロナ感染拡大のため、今春予定された中国の習近平国家主席の国賓来日が延期された3月以降、中国要人の来日は初めて。ただ、日本側はコロナ対応が続いているとして、国賓来日問題は議題にしない方針だ。

 沖縄県・尖閣諸島周辺での中国公船の日本領海侵入や、日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想も話題になるとみられる。