橋本聖子五輪相は20日の閣議後会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が開会式入場行進の参加数削減を念頭に各国・地域の選手に対する意向調査を提案したことに「大事なことは適切な新型コロナウイルス対策。今後も選手の視点を踏まえ、開会式の在り方を検討いただきたい」と述べた。

 元五輪選手の橋本氏は「アスリートを経験してきたものとしては開会式に出たいし、あるいはコンディショニングを考えるとどうなのか、とさまざまな意見があると思う」と競技者の揺れる気持ちを代弁。「選手にとって安全安心な環境を構築していくことは当然必要。選手の視点は一番大事」と強調した。