赤羽一嘉国土交通相は20日の記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」の対象から新型コロナウイルス感染症の拡大地域を除外するかどうかについて「(都道府県知事から)現時点でそうした声はない」と述べ、これまで通り事業を継続する方針を改めて強調した。

 赤羽氏は「トラベル事業でクラスター(感染者集団)を形成した事例はないが、引き続き高い警戒心を持って状況を注視し、感染拡大防止の取り組みをこれまで以上に徹底する」と話した。