菅義偉首相は20日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議の関連で、オンライン方式で開かれた各国企業トップらの会合にビデオメッセージを寄せた。「私の政権の優先課題は、デジタル化の推進とグリーン社会の実現だ」と述べ、デジタル化や技術革新はアジア太平洋地域の経済的な繁栄の鍵になると強調した。

 菅氏はデジタル庁の設立に言及し「民間活力を利用するべく、デジタル化を阻む規制は抜本的に見直し、早急に取り組む」と説明した。2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指し、技術開発などで「経済と環境の好循環をつくり出す」とも語った。