総務省が20日発表した10月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0・7%下落の101・3だった。下落幅は東日本大震災があった2011年3月(0・7%下落)以来、9年7カ月ぶりの大きさとなった。前年実績を下回るのは3カ月連続。

 新型コロナウイルスに対する政府の観光支援事業「Go To トラベル」で、10月から東京発着の旅行も対象となり、宿泊料が37・1%値下がりしたことが影響した。昨年10月は消費税増税が物価を押し上げており、その反動もあった。トラベルによる政策的な特殊要因の影響を除くと、消費者物価指数の下落幅はマイナス0・2%に縮小する。