【ニューヨーク共同】米新興インターネットメディアのバズフィードは19日、米通信大手系のベライゾンメディアが所有する同業のハフポストを買収することで合意したと発表した。ベライゾンメディアは、バズフィードの少数株主となる。

 バズフィードとベライゾンメディアは戦略的提携を結んだ。互いのプラットフォーム(基盤)でコンテンツを利用し合ったり、広告事業で協力したりするという。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版によると、新興のネットメディアは一時、急速に成長したが、グーグルとフェイスブックが支配するオンライン広告市場で苦戦。コロナも業績悪化に追い打ちをかけた。