香川県は20日、三豊市の2カ所の養鶏場で、新たに鳥インフルエンザの発生が確認されたと発表した。今季6、7例目。高病原性の可能性があるため、殺処分などの防疫措置をする。

 県によると、両養鶏場から19日に「鶏が多く死んでいる」と通報があった。簡易検査や死んだ鶏の状況から、鳥インフル発生の疑いが強いと判断し、遺伝子検査をしていた。6例目は同じ従業員が出入りする関連の養鶏場が4カ所あり、いずれも殺処分を行う。

 香川県内の養鶏場では今月に入り、三豊市で4例、東かがわ市で1例、高病原性の鳥インフル発生が相次いでいる。