【ワシントン共同】米スペースXの新型宇宙船「クルードラゴン」に搭乗した野口聡一さん(55)が19日、仲間の飛行士と共に滞在を開始した国際宇宙ステーションからオンラインで記者会見した。野口さんは、宇宙船の乗り心地について「最高だ」と話した。かつて搭乗した米スペースシャトル、ロシアのソユーズ宇宙船との比較を尋ねられたのに答えた。

 野口さんは最初に大きく手を振り「楽しく素晴らしい思い出になっている」と感想も述べた。「クルードラゴンは宇宙に行きたがっている印象で、エンジンの動きをはっきりと感じた。振動や音などが他の宇宙船と異なった」と話した。