全日本柔道連盟は2日、来年の東京五輪代表が既に決定した男女13階級の補欠選手を発表し、男子60キロ級代表の高藤直寿と最後まで競り合った永山竜樹、女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅らが選ばれた。

 他の階級は次の通り。

 ▽男子 影浦心(100キロ超級)飯田健太郎(100キロ級)長沢憲大(90キロ級)藤原崇太郎(81キロ級)橋本壮市(73キロ級)

 ▽女子 梅木真美(78キロ級)大野陽子(70キロ級)鍋倉那美(63キロ級)玉置桃(57キロ級)志々目愛(52キロ級)角田夏実(48キロ級)