三重県志摩市長選(10月18日投開票)で当選した橋爪政吉市長の陣営による選挙運動が、公選法に違反していた可能性があるのに市選挙管理委員会が適切な指導をしなかったなどとして、対立候補だった2氏が選管に選挙無効を求める異議申し出をしたことが2日、2氏の陣営への取材で分かった。

 選管は同日、申し出を受理したと明らかにした。「申し出を認めるかどうか、30日以内に判断するよう努める」とした。

 橋爪氏の後援団体は「広告の掲載やポスターの掲示の方法などは、選管の指摘を受けて速やかに改めた」と主張。橋爪氏は「公選法に基づいて活動させていただいた」と述べた。