横浜港に停泊中のクルーズ船で2月に発生した新型コロナウイルスの集団感染を受け、国土交通省の新型コロナ感染対策がまとまり、横浜港と神戸港で2日、大型クルーズ船の営業運航が再開した。横浜港で「飛鳥2」が、神戸港では「にっぽん丸」が出港した。

 飛鳥2には新型コロナ以前の乗客定員872人に対して約330人が乗船し、午後5時ごろに出港した。事前に乗客全員にPCR検査を行って陰性を確認したほか、乗組員に感染が広がらないよう、使用する区域を分けるなどの対策を取った。

 雨が降りしきる神戸港でも、約110人の乗客がスタッフから検温と問診を受けてにっぽん丸に乗り込んだ。