愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、県内で新型コロナウイルスの感染確認が増加傾向にあることについて「事実上『第3波』が来たと受け止めている」と述べ、県民に感染防止対策を呼び掛けた。

 大村知事は、北海道や首都圏でも同様の傾向が見られ、大変厳しい状況とした上で、新型コロナ感染対策の4段階の県独自指標は「同じ状況が続けば、引き上げる」と話した。

 10月31日の県内の感染発表数は97人で、発表数が90人以上になったのは、県が独自の緊急事態宣言を発令していた8月下旬以来だった。