ワイヤレスイヤホンが線路に落ちたケースが、JR東日本東京支社管内の78駅で7~9月、約950件に上った。数万円と高価で乗客から回収を依頼されるが、小さくてホームから器具で拾うのが難しい。列車を止めたり、終電後に捜索したりすることもあり、東京支社は「いやー、ほんとうに困った」と、4日から年末までキャンペーンで注意を呼び掛ける。

 東京支社は2日、東京都大田区の訓練センターにある模擬ホームで、報道陣に回収作業を実演。社員がホームにしゃがみ、棒状の器具でイヤホンを拾おうとしたが、バラスト(砕石)の隙間に入り込み、うまくいかなかった。