和歌山県太地町の太地町漁協が所有する小型捕鯨船「第7勝丸」が2日、今年の商業捕鯨を終えて太地漁港に帰港した。商業捕鯨は昨年31年ぶりに再開され2年目だった。宮城県と千葉県の捕鯨船とともに今年行った沿岸操業でミンククジラ計95頭を捕獲し、うち29頭を第7勝丸が仕留めた。

 第7勝丸は4月3日に出港し、宮城県石巻市の漁港を拠点に操業。5月以降は青森県むつ市の漁港に拠点を移して八戸沖などで操業し、10月27日に終えた。

 太地町漁協によると、海が荒れた日が多く、思うような漁ができなかったが、漁獲したミンククジラは大型が目立ち、肉質は良いという。