東京都は2日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に中止していた豊洲市場(江東区)のマグロの競り見学を約8カ月ぶりに再開した。事前に申し込み、抽選に当たった18人がマスクなどの対策をした上で早朝の市場を訪れた。

 卸売場は集まった市場関係者も一様にマスク姿。カランカランという鐘の音を合図に競りが始まり、床にずらりと並んだマグロが次々と競り落とされた。見学者は少し離れたデッキから興味深そうに見守った。

 都によると、感染が広がり始めた2月29日から見学を中止。再開に当たり、以前は1日当たり最大120人受け入れていた人数を27人までに制限した。