大相撲11月場所12日目の19日、大関貴景勝が11勝目を挙げて今年の49勝目とし、初の年間最多勝を単独で確定させた。48勝の大関正代は休場中で再出場しないことが確実。他の力士も貴景勝には追い付けない。大関の年間最多勝は2018年の栃ノ心以来2年ぶり。

 今年は新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止となり5場所開催。貴景勝は春場所で負け越し、かど番の7月場所は8勝して勝ち越した後に休場した。先場所は12勝を挙げ、今場所も優勝争いの首位に立っている。