菅義偉首相は19日、新型コロナウイルスの1日当たりの国内新規感染者数が過去最多を更新する中でも、減速する経済の立て直しを重視する立場を堅持した。国民に感染防止策の徹底を呼び掛ける一方、人の移動や会食の機会は極力制限せず、観光・外食産業を下支えしていく方針だ。

 政府関係者は、経済再生の取り組みにブレーキをかけた場合「元に戻すまで長い時間が必要になる」と指摘。観光支援事業「Go To トラベル」を巡っても「地方からは、トラベル事業を何とか続けてもらいたいという声しか聞かない」(官邸筋)と見直しに否定的な意見が多い。