北海道と札幌、函館、旭川、小樽の4市は19日、新型コロナウイルスに266人が感染し、7人が死亡、1人が再陽性になったと明らかにした。1日当たりの発表人数としては12日の236人を超え過去最多で、札幌市が約7割を占めた。200人超えは2日連続。

 新規感染者は札幌市発表分が196人、道が43人、函館市が14人、旭川市が9人、小樽市が4人。道内の感染者数は計6356人、死者は計141人となった。

 北海道では17日、感染急拡大を受け、札幌市限定で独自の警戒度を「4」に引き上げた。不要不急の外出や道内他地域との往来自粛を27日まで要請している。