特定抗争指定暴力団山口組弘道会の拠点で特殊詐欺の被害金を受け取ったとして組員らが逮捕された事件で、警視庁と静岡県警の合同捜査本部は19日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで、名古屋市中村区の弘道会本部と、被害金の収受場所で拠点になっていたとみられる神戸市中央区のビルを家宅捜索した。

 捜査本部は、山口組が組織ぐるみで特殊詐欺に関与していた疑いがあるとみて解明を進める。

 弘道会本部には午後2時すぎ、赤や青のベストを着た警視庁と静岡県警の捜査員ら約30人が入った。組員との間で大きなトラブルはなく、捜索は40分ほどで終了した。