ホンダは19日、新型の軽自動車「N―ONE(エヌワン)」を20日に発売すると発表した。丸いヘッドライトや四角いボディーなど初代モデルの外観デザインを継承する一方、自動ブレーキなどの運転支援システム「ホンダセンシング」が標準装備となり、安全性を高めた。

 車内は運転席の座り心地を向上し、助手席の足元の空間を広くしたほか、シートなど内装の質感にこだわった。月間2千台の販売を目指す。価格はオートマチック車が159万9400円から、マニュアル車は199万9800円。

 エヌワンは、2012年に初代モデルを発売。全面改良した今回が2代目となる。