広島は19日、今季までヤクルトで外野守備走塁コーチを務めた河田雄祐氏(52)のヘッドコーチ就任を発表。マツダスタジアムで記者会見し「野球を楽しんで、相手に勝つという気持ちを出せるように僕が仕事をしていければいい。パ・リーグと互角に戦えるチームをつくれればと思っている」と抱負を語った。

 広島では2016、17年に外野守備走塁コーチとしてリーグ連覇に貢献したが、家庭の事情で退団した。4年ぶりの復帰となり「プロに入った球団がカープ。赤いアンダーシャツを着て、後輩たちと野球ができると決まった時は非常にうれしく感じた」と話した。